--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賛否両論論争が起きている、森山直太朗の新曲「生きてることが辛いなら」が、NHK「MUSIC JAPAN」(11日深夜0時10分放送)でフルコーラスで歌うという。
歌の前には、歌詞の意味や騒動についての思いなどを語った本人ののインタビューが約3分間流れるというから、忘れないで見たいものだ。
欲を言えば作詞家「御徒町凧」の言葉も聞きたいのだが・・・「生きてることが辛いなら」

確かに不特定多数が出入りするコンビニなんかでは歌詞の一部だけを耳にする可能性が多く、一部のチェーンが店内放送を禁止にしたことは正しい判断だと思う。
意味深い詩なので、一部分だけを聞いたのでは全く意味が通じず、誤解される。
これに曲がつき、公共に広く出てしまったから、新しい物議をかもす。

だけど、フルコーラスで聞いても、全文を読んでも、誤解する人は誤解する。
理解しない人は理解しない。

なんと行間を読めない人が多いのだろうと嘆くより、
なんで自分の概念で考えることなく、いろいろな方向から考えてみようとしないのだろうと批判するより、
人の深さはそれぞれなんだと、それでいいのだと、逆にこちら側が理解を求められる。

大なり小なり、身近にもそういうことは転がっている。
それらは今の自分より、もう1歩深く考える癖をつけていけるチャンスでもあるな~と思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nenejyu.blog122.fc2.com/tb.php/87-9bd4c302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。