--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/27/2008    お月さまと人のこころ
ここのところ、毎日おさまの色が激しく変わるような気がします。
昨日はオレンジがかっていたし、きょうは透明がかったホワイトだし・・・
満ち欠けで毎日姿が変わるのは誰でも知ってることだけど、大きさや色が毎日変わっていくのはどれだけの人が知っているのでしょう・・・
一日の終わりに、帰宅途中に、洗濯物を干しながら(?)、煙草を吸いながら(?)、どれだけの人が夜の空を見上げるのでしょう・・・

私が鑑定中によく言う言葉に、
「例え、曇っていても、雨が降っていても、お日さまは隠れて見えないだけでちゃんといるんだから・・・云々」ってなものがあります。

さまもおんなじで、
真ん丸だったり、お皿状だったり、輪っかだったり、見えなかったり、兎餅つきが見えたり、人の顔にみえたりといろいろな姿を見せるけれど、やっぱりちゃんとそこに全体像はあるんだからって思います。

見る対象者と見せる対象者の関係で、
見える部分と見えない部分、隠す部分と隠せない部分と隠したつもりの部分、となるように思います。
人は、見たいものしか見えないという困った性質をもっているものだから。

そしてまた、いつも同じ状況で留まるのではなく刻々と変化していく様子は、今抱えている問題や悩みが永遠に続くのではなく、遅々刻々とであっても変化しないわけにはいかない、ってことの象徴でもある気がします。

今は満から新に向かう下弦の月が痩せていく)の周期。
人の気分もその下降線に添いやすいのです。
だからもし、今ちょっと落ち込み気味の人は月の周期のせいにしてみるのもいいかも。
「いつもより集中力が続かないのは・・・下弦の周期だからかも」
「いつもより落ち込みがはげしいのは・・・下弦の周期だから仕方ない」
「いつもより○○なのは下弦の周期だから、○○を見直そう」

上手くいかないことを人のせいにするのはご法度だけれど、お月さまのせいにするのは大丈夫でしょう。
母性の象徴でもあるお月さま。
そんな程度のことで怒ったりしないくらい、人の弱さをよく知っていて、包み込んで、許してくれます。

特に感情の振り幅が大きくなってしまい、自分の中心軸がぶれてしまう時は、お月さまを見上げてほしいと思います。
今の月の周期と自分の感情の周期が、合っていることがわかるはずです。
そして、その落ちた感情の波がいつまでも永遠に続くのではないとわかるはずです。
なんといっても、月の周期は株価マーケットにも影響を与えてしまうほどすごいものなのですから。


2月いっぱいは、友人の代打で毎週土曜日、占い館でタロット鑑定をしています。
20分3000円、延長あり。場所は山手線内です。
予約もできますので、ご興味のある方はメールフォームからどうぞ♪

そしてただいま、「タロー・デ・パリ」プレゼント企画中♪

1月いっぱい、20%OFFで鑑定させていただきます。
   通常は30分= 5000円→4000円に。
      60分=10000円→8000円に。

だけど、あと、空きは30(水)と31(木)のみになってしまいました。
そのあとは通常料金に戻ります。

でも、次の企画を考え中・・・
毎週おひとり限定で、公開無料鑑定をしようかな(?)
鑑定内容が全てオープンになってしまうのと、お客さまにカードを触ってもらうことができないのがちょっとネックだけれど・・・
後、そんな時間あんのか~っていうのが課題だけれど(笑)・・・企画中・・・企画中・・・いつからできる?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nenejyu.blog122.fc2.com/tb.php/28-102716c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。