--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョシュとビヨンボンと木村拓哉主演の「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が公開中~♪

タイトルと映画のCMがちょっと結びつかない感じで、
木村拓哉扮する「シタオ」っていう名前も不思議な響きを持っている。

監督は「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン氏だし、
このメンツ、お金の掛け方、面白くないわけはないだろうな。

カンヌ映画祭の新人賞をとった「青いパパイヤの香り」を見た時は、
なんとも言えぬ新しい感覚を覚えたのでした。

折しも、村上春樹の久々の長編新作「IQ84」が出版され、
ほとんど宣伝もされなかったにもかかわらず、初日で77万部とかなんとかという勢い。
いや~、すごい。
かくゆう私もダブル村上フリークの時代がありましたが(^_^;)

村上春樹の作品は、どこか懐かしく・・・
自分だけの世界観も同時に作れ、
きっと裏切られないという感じがするのです。

今では海外で賞をもらったり、
ノーベル文学賞に近い日本の小説家と言われるような方なのだけど、
まだそんなに売れっ子じゃないときは、
私の仕事場が彼の家の近所だったこともあり、
何度かお見かけしたものでした。
たったそれだけのことでも、
なんだかずうずうしくもちょっと近い感じがしてしまいます。

このトラン・アン・ユン監督の次回作が村上春樹氏の「ノルウェイの森」。
タイミングが・・・繋がっているというか、繋げてるというかですが。
商業的に乗せられようがどうが、楽しみなものは楽しみ~♪

願わくば、あんまりストーリーをいじらずに作ってほしいな~と思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nenejyu.blog122.fc2.com/tb.php/118-76476d1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。