--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/10/2009    産土神社
突然思い立ったわけではないけれど、やっとやっと産土(うぶすな)神社に行って来れました。

何年も前から行こう行こうと思っていたのが、今頃になってやっと(^_^;)

生まれ育った場所とかもついでに見たいと思っていたから、
結局、道案内を兼ねた母親同行で、おまけに母の日近くで・・・これって・・・

幼稚園児の頃まで居て、引越してしまったせいもあるかもしれないけれど、
区画整理をされた地域だということも手伝って、見事に何にも覚えておらず・・・
母親ともどもプチ迷子になる始末(>_<)
行く前に実家に寄って小さいころのアルバムを見ておけばよかったと、
いまのいま、気づいたりしてるのでした。


私の産土神社、意外に立派でびっくりでした。
「今頃になってしまってごめんなさい」が第一声で、
「やっと来れました、ありがとうございます」を付け加え。
凛としたたたずまいに、木々のそよぎ、無駄なものが一切ない静寂な空間。

ほんとうは、大きな神社に初詣に行く前に、
生まれ育った地域にある産土神社に行くのがいいのですよね。

はい、来年から、そうします!
(ちょっと交通が不便なのがな~、罰あたり?)

実はとっても大切な産土神社。
産土神さまとは、土地およびその土地に住む人々の守護神。
どこへ引っ越そうとも、はじめ(産)の地の産土神さまは一生変わらないのです。
本人に忘れられても、一生守ってくださるのです(が、忘れられてると効果弱しです)。
一之宮や大社、神宮にお願い事をしてもいまひとつな方は、是非足を運んでみることをお勧めします。
まず、一番身近な神さまにお願い事を聞き届けてもらうのが順番ってものです。
(と今頃行ってるから、偉そうには言えないのですが・・・)
またひとつ、根っこを確認する感じがすることでしょう。

そう言えば、日本では出生届を出すと同時(それより前かも?)に、
その地域の神社に氏子として登録?されるそうです。自動的に。(否応がなしにとも言う?)

20090510234318


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nenejyu.blog122.fc2.com/tb.php/114-9a77cf21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。