--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/12/2009    考える力
答えをすぐに知りたがったり、出したがったりする人が多いような気がします。
自分でせっかちに出してしまうならいざ知らず、
人にお任せが増えているのかも。

人は、特に女性の場合は、
悩み事をただ聞いてもらいたい時期と、解決していきたい時期とがあります。

悩み事をただ、ただ聞いてもらいたい時期は、
アドバイスやなんらかの指示は、たとえそれが的確でも受け入れられないことが多くなります。
そこのところの気持ちを分かってもらえない気がするので、寂しさを覚えてしまうからです。
聞き役はたいてい、同性の女友だちの役割、
メンタル的な問題がある時はカウンセラーの役割でした。
アドバイスや指示をしてあげなくちゃいけないんじゃないかと思ってしまう人(主に男の人)に
相談してしまうと、なんだか違和感があるはずです。

そして、解決したい時期になると、
アドバイスを求めて、冷静な判断をしてくれそうな人に相談をします。
相談相手は、友人、恋人、上司、親、偶然?出会った人、占い師などなど・・・
この時、人はある程度の答えを自分の中で出しているものです。
表面的にはもうちょっと蓋をしておきたいと思っていたとしても、
無意識では選択はできていて、あとちょっと背中を押してくれれば…という状態です。
だから、やっぱり~、なるほど~、そうか~、となるわけです。
相談相手に導かれたように見えても、
自分の中にある答えを後押ししてくれているので受け入れやすく、行動に移しやすいのです。

だけど、あまりに答えを急ぎすぎてか、ただ現状のもどかしさに耐えたくないのか、
そのどちらの時期にも入らないのに、どうにかしたいと思う人が増えているのかもしれません。
その問題に対して、自分でじっくり考える時間もとれない・・・
昨日の今日で解決を求めて動いてしまいます。
自分を見つめる時間を自分に取ってあげることは、とても豊かなことでもあるのだけれど、
とてもじゃないけどそんな余裕は持てない状況です。

一日経てば、少し落ち着きます。
1週間経てば、見えなかったことが見えてくるかもしれません。
自分は本当はどうしたいのか、考えることができるようになります。

考える力が弱くなっています。
考える力をどうか取り戻してほしいと思っています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nenejyu.blog122.fc2.com/tb.php/106-db101e86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。