--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダスカロスの公開セミナーに初めて行ってきました。

「メッセンジャー・シリーズ」などを全部読んでからHPを見よう思っていたのだけれど、
なんだか急に思い立ってHPを見たら、ハラランボス氏の公開セミナーの催しがあり、
150人の定員はとっくに閉め切られているので、だめもとでもいいやと申し込んでみたら、
たくさんの人に聞いてもらいたいとの趣旨もあり、セミナー前日の申し込みにもかかわらずでOKで・・・
や~、や~、や~、やってみるものです。

昨今のインフルエンザ事情もあり、思ったよりもキャンセルがあったそうで、
なんだか不思議な巡り合わせに驚きながら、3日間とも参加してきました。

本屋さんでダスカロスが書いた「エソテリック・プラクティス」を見かける度に、
手に取りながらも何となくまた棚に戻しというのがしばらく続き、
やっと今になって符合してきたという感じなのでしょうか。

15年前にギリシアに行ったことがあったのも、
ここに繋がるプロセスのひとつだったとも考えられ、感慨深い感じです。

この公開セミナーに参加できる人は、
キリストの70人の弟子(12人の使徒ではなく)のエネルギーを受け継いでいる人だそうです。

お話をしてくださるハラランボス氏はギリシャ人の大柄な体格なのですが、
イエローのようなゴールドのようなハートの形をしたものが、
まるで風船のように身体からふわ~っと出ていました。
窓の外には白い布?・・・ローブ?・・・ダスカロス・・・
なんだか幸せな、不思議な経験をさせていただいた時間でした。

また、来年も行きます! 行けますように!
スポンサーサイト
またまた、ひかりのサンドウィッチを食べに行ってきました。

ついつい、友だちを連れてきてしまいたくなる感じです。

今回は、前回とはまったく違うひかり・・・白いアーチにブルーのライン、ゴールドのひかり。

友だちはピンクがかった白いアーチと、うす紫色のひかり。
マリア様系の仕事(と言われたので)?の人に多くでるひかり、とのことです。

マリア様系って、近くにあるルーテル教会とかそういう関係ということかしら?

マリア様系の仕事はしていないのですが、「よくいらっしゃいました」と言われて、
友だちはなんだかとってもうれしそうでした。


しあわせ波動をいただくようなサンドウィッチ。

見える人にはサンドウィッチからでる(?)そのひかりが見えるそうです。

でも、さすがに土曜日はお店自体が混んでます。

韓国語が飛び交う中、ちょっと異空間な不思議な感覚も味わえます。
私の扱っている「タロー・デ・パリ」では、
生まれたときのカード「バースイヤー」と、今(年齢ごと)のカード「タロット・イヤー」とがあります。
お誕生日で切り替わる、その1年の運勢サイクルを読むことができます。
私の今の「タロット・イヤー」カードは【6】のハーモニー。

概要は、
人間関係、あらゆる種類のパートナーシップに関する大きな決断に意識を傾けること!
新たな出会い、新たな友情が期待できる!
より現実的な決断を選択する年・・・という感じです。

そんな私は、今まで注意を向けなかった自分の身体に意識を向け始め、
新しい仲間と出会い、新しい感覚と出会いはじめているところ。。。

ま、簡単にいえば、
とにかく長年の身体の硬さをどうにかしたいのよん!ってな感じです。

身体の硬さと頭の固さは比例する・・・とのことだけど、
身体が柔軟な人でも、とっても頑固な人の顔、何人も浮かびますがな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。