--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/26/2009    花粉症(p_-)
なんだか花粉症がぶり返し?たような・・・
目がとっても痒くて、くしゃみもしてしまいます。

一度なったら治らない?と言われている花粉症だと思うけれど、
ここ10年はほとんど症状がでていないのです。

初めて花粉症らしきものが始まったのは、
2○年前・・・(^_^;)
その頃は花粉症はこんなにもポピュラーではなく、
電車やバスの中では怪訝な顔をされ、ハンカチを差し出されたこともあります。
(いや、泣いてないって! 悲しいわけじゃないって!)

ストレスが引き金になって、始まるとも言われています。
生きていく以上誰だってなんらかのストレスを抱えていますって。
10年近く悩まされた私の花粉症は、仕事環境をガラリと変えてから、
年々、影を潜めていったのでした。いや、ほんとに!

それなのに今期は花粉症らしき症状が(T_T)
おまけにペットの犬まで花粉症!?
目の周りがやけに赤く、目やにが出てるな~と思っていたら、
花粉症かも?と目薬を処方されました。
一日3~4回点眼してくださいって・・・先生、無理です。
1回するのにもバトルです。
必死に逃げ回るのをおやつで釣って、無理くりします。
やるほうの人もやられる犬もどちらもかわいそう。
でしたが、パブロフの犬のごとく、
最近は少し抵抗が弱くなってきました。
このまま嫌われるかも~と思いましたが、大丈夫でした。
それまで積み重ねてきた愛は消えることはないのですね。
目薬を持っていない時は相変わらずべったりです。

何にも考えていないような幸せそうな顔して寝てるけど、
人間に従って生きているので、人知れずストレスを抱えているのかもしれません。
もっとお散歩に出ていたいとか、
もっとそばにいてほしいとか、
もっとおやつがほしいとか・・・

犬年齢と人間年齢、今ちょうど同じくらいの私とペット。
これからはどんどん抜かされていってしまうのですが、
できるだけ健やかに長く生きてほしいと思います。。。

スポンサーサイト
03/21/2009    経験値
この前まで、以前ある人に言われた「いる場所を間違えないように」という言葉が、
ず~とこころに残っていました。

なんでも見通せる(かもしれない)人に、
「○○は違うよ~」と言ってもらえると、すご~く楽で、
一見、簡単に解決できそうに思えるんだけれど、自分のためには全くならず、
また同じような問題が起こり、また同じように迷うのですよね。
人に解決してもらうんでは、自分の経験にならず=成長にならずなのです。

その言葉に戸惑いながら、半信半疑な思いを抱きながら、
はたと気づいたことは、「違う場所にも意味がある」ということでした。

人生を楽しむために生まれてきたのだから「楽」な方ばかりへと進むのもありだけれど、
あまのじゃくな私はその奥を今一歩確かめたいと思うのでした。

間違えないようにするのは「いる場所」ではなく、「つながるところ」。
間違ってしまったら直せばいいだけです。

失敗も間違えも、すべてプロセス。
あらかじめ(自分で)決めてきたシナリオに、
どういう演出をして経験値を上げていくか・・・とも言えるのかもしれません。
筋肉が、一度壊れないと強くならないシステムと似ているかもしれません。

失敗の数を数えるなら、成功の数も数えましょ♪
そして、いずれは成功の数だけを数えられますように♪
03/12/2009    考える力
答えをすぐに知りたがったり、出したがったりする人が多いような気がします。
自分でせっかちに出してしまうならいざ知らず、
人にお任せが増えているのかも。

人は、特に女性の場合は、
悩み事をただ聞いてもらいたい時期と、解決していきたい時期とがあります。

悩み事をただ、ただ聞いてもらいたい時期は、
アドバイスやなんらかの指示は、たとえそれが的確でも受け入れられないことが多くなります。
そこのところの気持ちを分かってもらえない気がするので、寂しさを覚えてしまうからです。
聞き役はたいてい、同性の女友だちの役割、
メンタル的な問題がある時はカウンセラーの役割でした。
アドバイスや指示をしてあげなくちゃいけないんじゃないかと思ってしまう人(主に男の人)に
相談してしまうと、なんだか違和感があるはずです。

そして、解決したい時期になると、
アドバイスを求めて、冷静な判断をしてくれそうな人に相談をします。
相談相手は、友人、恋人、上司、親、偶然?出会った人、占い師などなど・・・
この時、人はある程度の答えを自分の中で出しているものです。
表面的にはもうちょっと蓋をしておきたいと思っていたとしても、
無意識では選択はできていて、あとちょっと背中を押してくれれば…という状態です。
だから、やっぱり~、なるほど~、そうか~、となるわけです。
相談相手に導かれたように見えても、
自分の中にある答えを後押ししてくれているので受け入れやすく、行動に移しやすいのです。

だけど、あまりに答えを急ぎすぎてか、ただ現状のもどかしさに耐えたくないのか、
そのどちらの時期にも入らないのに、どうにかしたいと思う人が増えているのかもしれません。
その問題に対して、自分でじっくり考える時間もとれない・・・
昨日の今日で解決を求めて動いてしまいます。
自分を見つめる時間を自分に取ってあげることは、とても豊かなことでもあるのだけれど、
とてもじゃないけどそんな余裕は持てない状況です。

一日経てば、少し落ち着きます。
1週間経てば、見えなかったことが見えてくるかもしれません。
自分は本当はどうしたいのか、考えることができるようになります。

考える力が弱くなっています。
考える力をどうか取り戻してほしいと思っています。

03/10/2009    光の写真
素敵な「光の写真展」に、縁あって伺ってきました。遠かったけど(^_^;)

何気なく(?)空の写真を撮ると、肉眼では見えなかった光が写りこんでしまうそうです。
それは、光の筋だったり、輪っかだったり、
時々、雲が龍や鳳凰っぽく見えるように手伝っていたり…
ほんとに不思議です。

しかもカメラは携帯電話のカメラでというから、ほんとにびっくりです。

「ポストカードにしてください」と言ったら、
他のみなさんもそうおっしゃるそうで、そのうちにポストカードになることでしょう。
行動の早い方なので、写真集なんかにまで発展していくかもしれません。

このような写真を撮れる人は意外といるかもしれません。
以前、波動関係の本を何冊か出している森眞由美氏の著書の中にも、光の写真が載っています。
しかも、虹色のものもあって、とってもきれい。

木や花のオーラなんかを写せる人もいます。
木精(こだま)を写せる人もいます。
宮崎駿監督の『もののけ姫』にでてくるあのかわいいやつです。
屋久島に行くと意外に簡単に写せるとかなんとか(?)
素敵な才能(?)です。
密かに憧れているので、
そのうち空の光の写真が撮れるようになるといいな~と思っています。


03/07/2009    瞑想はお勧め?
自分をニュートラルに戻す意味もあって、時々あるところで瞑想精神統一)をしています。
その場所がちょっと不便なこともあって、ちょこちょこと行けないのが玉に瑕ですが、
行ったら行ったで、来てよかった~となるのですね~ワガママ(・・;)

日によって、参加人数によって、瞑想時間はまちまちですが、
1時間半から2時間はざらなので、始終雑念だらけです。
ひとりで瞑想していた頃のほうが、まだ雑念が少なかったかも・・・(>_<)

初めてここに参加した時、なんらかの瞑想経験者だと見破られ?てしまいました。
な、な、なんで、どこで、わかる~んだ~と、
大した瞑想ができているわけでもないのに~とかなり焦りました。

ここでは、自宅で瞑想をしないようにと初めに指導されます。
きちんと浄化して整えていない場で瞑想をすると、いろいろなものが寄ってくるからとの理由からです。

それに比べると、海外発の「瞑想」はかなり安易に勧めているかも。
例えば、リラックスして宇宙からの光を浴びるイメージをしたり・・・
(個人的にはイメージワークの領域で瞑想といっていいもかしら?と思ってしまうけれど)

そういう海外発の瞑想には、隠れた危険性も確かにあることが否めない気がします。
それは心理学者ユングも指摘していることなのだけれど、あまり表に出ていない気がします。
その「聖なる体験」は、「魂の膨張」でないかどうか、
真摯に自問自答すればわかるはずだと思うんだけれど・・・

時々その手のセミナーに参加すると、あきらかに?な人がいたりして・・・
普通に生活するのが大変だろうな~と余計なことを考えたりして・・・
とっても至福感いっぱい!って感じなんだけれど、大変そうに思えてしまいます。

「思いは形になる」とは言われるけれど、その思い込みだけはかなり難関です。
それはお金でも買えないし、近道もありませぬ。


それぞれが、それぞれの本来の道に繋がりますように・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。