--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28/2009    頭の整理
ちょっとずつ増えすぎた本の整理をしています。
部屋の片づけや模様替えをすると、こころの整理になるとよく言われてますが、
本棚の整理は頭の整理になります。

私の本棚と言えば・・・
もうそこにはすでに本は収まりきらず、ジャンル毎にあちらこちらを占領してまする(・・;)

10年くらい前は心理学系の本ばかり読んでいました。
ロジャーズ派のカウンセリングを学んでいましたので、
きちんと読めもしないのに学生?のように本だけは揃っている感じです。
最近ではほとんど開かれることもなく、ちとかわいそうな・・・
だけど手放すにはまだ早いような・・・(^_^;)
そんなこんなだから、片づけはちっとも捗らず、周りからは片づけているとは露とも思われず、
本人だけが片づけているつもりです(笑)

何の本に書いてあったことだったか・・・
本にもいい波動が出ているものがあると言います。
いくつか書籍名が書いてあったけれど、そのうちのひとつは「ミュータント・メッセージ」。
15.6年前の名著。著者はマルロ・モーガン。

その中で起こった事実の裏付けが取れないので、信じない人もかなり多く、
そういう意味でも物議をかもした本でした。
ちょっと世に出るのが早かったのかもしれないけれど、
こういう本は時代の先駆をいく使命があるのだろうな~とも思います。

21世紀に入り、物質主義オンリーからプラス精神主義の世の中になっていかざる得ないだろうから、
いまならより多くの人に受け入れられるようになっていくのではないかと思います。

ん~、やっぱり処分できないな~(^_^;)


スポンサーサイト
02/27/2009    雪の日の贈り物
ちょっと(?)スランプ気味でした。
パソコンは壊れてしまうし(>_<)
タロットの仕事はなかなか自己PRができず・・・
目指すものと世の中のギャップに目を背けるしかなく・・・
私のやりたいことはただの理想論なのかな~、やっぱり、と思う日々でした。

自分の中の闇をこれ以上増やしたくなくて、
避けれる闇の波動にはなるべく近づかず関わらず(^_^;)
光の波動ばかりを取り入れたいと思っていました。

自分の探求したこと、感じること、思ってること、
知ってること、見えることを伝えないのはあなたのエゴよ、
と言われて始めたタロットの仕事。
人の事ならわかるのに、自分のこととなると・・・てんで迷ってしまいます。

そういうときにはただ答えが来るのを待っているしかないんだけれど、
待ちきれないときは行動パターンを変えてみるに限ります。
自然の中に出かけてみるとか、
瞑想しに行くとか、
ひたすら寝る?とか、
・・・・・・
もちろん毒気のないものに限るけど。

切羽詰まって待ちきれない時は、
確かな人に思いを話してみる、とか。


すると、
「切り替える」とやってきました。

解説求む、です(゜゜)

闇の波動のそばにいるとだんだん染まっていくと思っていました。
だけど、どうやらそうではないみたい。
染まるかどうかは本人次第のようです。
そう言われれば、そうです。当たり前でした(^_^;)

光の波動ばかりで、至福感いっぱいの世界に住めてしまう人もいるけれど、
私はそのジャンルではないので、日々日々、試行錯誤です。

自分の本質は知っているのに、なかなか本質に近づけない・・・
そのために今の環境が用意されている、はず。
そうだった、肝心なことが揺らいでいたのかも。

私のことを導くものは、すべて私のためにと道を用意しているのでした。
そこの信頼が揺らいでいては、もともこうもありませんでした。

冷たい雨がみぞれに変わり、シャリシャリと屋根に音を立てる中、
そのこたえはやってきたのでした。
02/14/2009    やさし~い一日
友だちに誘われ、久々にクラッシックコンサートに行ってきました。
ある会社主催のご招待なので無料♪
日中はその会社の社員とはいえ、腕前はどこどこの交響楽団に引けを取らず、素敵なものでした。

途中、なんだか気になることを感じてきました。
なんとな~く、トライアングルに繋がる人たちがいるのです。
みなデザインはいろいろだけれど黒い衣装を着ているし、
そんなに顔がはっきり分かるホジションに座っていたわけではないのですが、
閉じていた眼をふっと開けると、その3人が大きく見える(確かに大柄だったけど)気がするのです。
ヴァイオリン、ビオラ、チェロの3人。
音楽に詳しいわけではないのでよくわかりませんが、
曲の構成上、この3人が組んでパートを奏でるようになっているのかもしれません。

後々パンプレットをよく見てみると、なんとこの3人は親子(両親と子)の関係でした。
へぇ~、へぇ~、へぇ~、でした。
そして、指揮者との信頼関係も、密なものらしいのです。

きっと3人でよく練習していたのでしょう。
目配せや間合い、微妙な感覚を醸しだしていたのでしょう。
遠めだったけれど、なんとな~くそのいい雰囲気を感じ取れたのかもしれません。

貴重な、やさし~い一日。ありがとうです。

そう言えばここのところ、自分に優しい気持ちを(時間)をあげていなかったかもしれません。
マイナスにならないようと、踏ん張っていたかもしれません。
無駄な努力です・・・(・・;)

人生に無駄に見えるかもしれない時間は必要だけど、
無駄な努力は不必要ですね~。
誰のために生きてるのでしょ(笑)

自分が喜ぶことをたまにはちゃんとしましょ。

02/11/2009    パソコンが~(・_・、)
パソコンが入院しました(;>_<;)ビェェン

今月いっぱいかかりそう…
って、ほとんど更新してないじゃないかって。


ハードディスクが壊れた可能性大なので、かなりのショック(|||_|||)

あれも、これも、…み~んななくなってしまうのかも…


それにしても、最近のミニパソコンの性能とお値段はすごいです(*_*)
100円っていうのもあったりして…
勿論、いろいろつけないとならないから、100円ポッキリではないけれど、
春商戦真っ盛りで大賑わい。
誘われるな~( ̄ー ̄)
02/03/2009    浅草七福神巡り
20090203195157

生まれて始めて(^_^;
七福神巡りをしてみました。
ひとつひとつ訪ね歩くのがほんとでしょうが、
ちょっとオマケしてもらって、浅草循環のレトロで可愛い、
冬はちょっときつい「めぐりんバス」を乗り継ぎながら。

浅草寺と浅草神社はよく行くのだけれど、
七福神(実際は9カ所)を廻るには1日掛かります。
そのうちに~と思いながらもなかなか行動にならず、今頃になりました。
廻ってお詣りするだけでもいいのですが、
300円納めるとお朱印を書いて貰えます。
一枚ずつのもあるのですが、今回は色紙にしてもらいました。
絵の描いてある福絵というのもあって、額に入れると厳か~。
プレゼントにもよいかも。


浅草名所七福神は九社寺あって、
「九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩でありあつまる意味をもち、
また、天地の至数、易では陽を表す」という古事に由来したことによるそうです。
お引越しの歴史があるので、地図を見ると、
谷中の七福神や下谷の七福神と入り乱れて・・・すごいですが。

吉原神社は何となく行きたくないな~と思っていたら、
なんとお正月以外は常駐(?)していないそうで、
三ノ輪駅近くの千束稲荷神社でご朱印していただけるとのこと。
そのことを、途中でランチをしたお店のお隣の席の人から伺いました~。
目的を同じくした人たちとすれ違い、少し触れ合うのも、楽しみのひとつかもしれません。

9つの神社&お寺、特徴もそれぞれです。
中でも私のお勧めは「待乳山聖天」。
手を繋いだ大根と巾着がシンボルの、とっても澄んだところでした~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。