--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もダスカロス公開セミナーが開催されました。

日曜日は占い屋さんなので、
金土曜日の2日間の参加に。
3日間参加したい!との執着が
ないわけではなかったけれど、
手放すことができました


去年より少しスリムになられたハラランボス氏。
その独特の語り口が私はとても好きです。
こころにす~と入ってきます。

第1日目は【真理】について。
第2日目は【愛】について。
第3日目は何だったのでしょう…

どちらも深~い話です。
私たちは未熟だから、
この世で勉強しているというのを
しみじみ実感します

「真理の探求者になってください」
ほんとうの、です。

この、「ほんとうの」がくせものです。
真理を語る人は多いけれど、
それを実践している人はほとんどいない…
だけど、目指していくしかない。

カバラ数秘的にも、
「真理の探求者」というテーマを持っている私は、
特に肝に銘じていくことでもあります。
こればかりは、近道はないのです。
道をそれないようにこころせねば!なのです。



スポンサーサイト
09/10/2010    安平神社



探してしまいました

東銀座の安平神社。
マンションの谷間に、スッとした佇まいでおりました。
なんか…
ちょっと…曰くありげな感じですが、
そういうところほど、キチンとお参りを

鳥居の傍には狛犬たちが鎮座ましましており、
奥には狐さまが…が、あれ?
神社+お稲荷さま…ということですね~。

狐さまには、青いビー玉?が置かれていました。
ふと、近くの公園からの帰り道、
お母さんと神社の前を通りがかった小さな男の子が、
それを置いた姿が見えたような気がしました。










行こうと思ってのびのびになっていたダライ・ラマ法王の講演会。
今年は行けました。
さすがに、すごい人でした。
毎年開演されているので、
タイミングが合う時に一度は行かれるとよいですね~。

講演料は決して安くはないけれど、
そのお金が少しはチベットの役に立つと思うと、
価値は倍増です。

20081109233031


小春日和の秋の連休、
縁会って、ドリームキャッチャーを作る機会に恵まれました。
きらっきらの光でいっぱいのその日は、ダライラマ師が来日中でした。

写真のドリームキャッチャーはセネカ族のものを参考に教わって作りました。
真鍮に鹿革を巻い・・(たのは時間が掛かるから用意されてました)
羽根は・・・なんとか(忘れた~ (; _ _ )/)インコとターキー。
予知夢を見るといわれるアメジストをつけてもいいそうです。
その前に夢を覚えていられるようなものはないかしら(^^;;) ・・

売ってるお店はあるけれど…
作り方を掲載しているサイトもあるけれど…
欲しかったのになかなか手に入れなかったアイテムです。
凝り性だし、余計な?探究心もあるから、意味は勿論、
使う材料の意味や目的も知りたいな~と欲をかいていたら、
こんなに遅く手に入れることになってしまいました。

ドリームキャッチャーとは・・・↓
more open !?
11/29/2007    時間の感覚
今年はやけに時間が進むのが早く感じられます。
時間は早く進んでいる感じがするのだけれど、中身が濃いというか、凝縮されてるような・・・
そんな感じ。

時間を味方につけている時、大いなるものに繋がっているな~と思います。
そんな時は、目覚まし時計が時間を教えてくれる前に目が覚めたり、
電車の乗り継ぎがやけによかったり、
まるで私を待っていたかのように遅延していたり、
信号が全部青だったりと、
なんだか、す~、す~、す~っと通り抜けているかのような軽さを感じることができます。
何気ない事柄の中ででも気づいていけることがたくさん散りばめられているのです。

「時間は神との契約」とも言われています。
だから遅刻することは、神との契約を破ること。
目に見えること以上に、あとでツケが回ってくることになるそうです。
たまに、自分の感覚重視で約束してても好き勝手に動く人を見ると、
ちょっと心配になってしまいます。

大いなるものに常にきちんと繋がっている人たちは、
時間の感覚が身体にも常にきちんと備わっています。
時計など見なくても、時間のタイミングがちゃ~んとわかるのです。
虫の知らせじゃないけれど、直感が働いているときはそういうものなので、
自分が今、大いなるものと繋がっているかどうかを図るバロメーターにもなります。
集中していても周りがよく見えている、そんな状態でもあります。
そんな時はいろいろなアイデアもどんどん沸いてくることでしょう。
そして何故だか、疲れ知らず。

そんな感覚が増えていくことが今の目標。

でも、これって特別な力のある人だけの話ではありません。
意識さえすれば誰でもできることなのです。

まずは手始めに朝起きる時間からチャレンジしてみるのはいかがでしょう?
「明日は○時に目が覚めて、気持ちのいい一日になる」と思ってから寝るのです。
目覚ましが鳴るちょっと前に目が覚める感覚は、
その日1日なんだか得した気分になるのでお勧めです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。