--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひかりのサンドウィッチを食べに行ってきました。

そこは有名なチェーン店のうちの一店舗。
オーナーの奥さまが裏メニューのサンドウィッチを作ってくださり、
それを切り分けるためのナイフを入れる時に、ひかりが見えるそうなのです。
そのひかりの色を運んできた時に教えてくれます。

その人のオーラの色とはまた違うようです。
来るたびに違うひかりの色が見えたりもするそうです。

どういうわけだか切り分ける時にひかりが見えるようになって~と、
何かを教えてくれたり、導いてくれたりするわけではなく、
見えたひかりの色を、ただただありのままに謙虚に教えてくれます。
スピリチュアル的なものをあまり知らないというところが、
さらに素敵なのかもしれません。

お友だちと一緒に行くときは、
どちらのサンドウィッチにするかはお客さんが選びます。
だけど、ちゃ~んと自分のサンドウィッチを選ぶのです。
(不思議~? だけど、そうなっているものなのですね~)
具だくさんのサンドウィッチは、自分のものが一番おいしく感じるとのこと。
私はみ~んな同じくらいおいしく感じてしまいましたが(笑)。

因みに、わたしはブルーと赤紫を中心にいろいろな色が入っていたそうです。
こんなにたくさんの色がでたのは初めてで・・・と言っていただきました。
一緒に行ったお友だちは、グリーンとシャンパンゴールド。
2回目だった彼女は前回とはまったく違う色だったそうです。
そして、もう一人は・・・
紫をベースに、太陽のような丸いひかりと白いライン。
これもまた初めてのことだそうで、話している奥さまもとてもうれしそうでした。

だからどうってことはないのだけれど、
ちょっとした幸せ空間でした。

意外な町にある、昔ながらの喫茶店。
ひかりのサンドウィッチは裏メニューで、時間が限られています。
一度に3人までの対応になるそうです。

この奥さまのように、幸せの波動を確実に伝えられるようになれるといいな~と思うこの頃です。

スポンサーサイト
05/12/2009    黄藤
20090512003140


上の写真は、ちょっと終わりかけで、しかもまだらですが、黄色い藤の花です。
近くのマンションの駐車場の植え込みに南国樹と場所を分け合いへし合い、咲いています。
藤棚も生垣も、勿論アーチもなく、お世話はされているのかしらと思うほどぞんざいな扱いですが、
東京で自然に(野性味たっぷり)育つにはかなり珍しい「黄藤」です。

黄藤は本来、イギリスとかカナダとかの寒いところで咲くそうで、
関東で育てるのは難しいそうです。
藤で有名な足利フラワーパークでは、黄藤の花が咲き終わると、
夏の間中、扇風機で温度調節しているとのこと。
そうしないと翌年花がさかないそうなのです。

紫の藤の花とは開花時期がずれ、母の日前後がちょうど見頃なので、今は満開♪
アーチの中は「黄藤」のエネルギーシャワーがたくさん溢れていることでしょう。
生の花のパワーはエッセンスとはまた違う波動があり、
即効性は比べ物にならない気がしてします。


犬とお散歩をしているといろいろな発見があります。
この「黄藤」もそうです♪
夏にはガンガン陽に当たりますが、また来年もきっと咲くでしょう。
意外に環境適応能力が高いところも発見です。

瞑想の達人?になると歩きながらも瞑想できるというけれど、
アハハ~、私は足元にも及びませぬ。

あ、でも、
歩く瞑想(・・・名前はなんだっけ?)はとても気持ちよい感じです。
まるで雲の上を歩くのはこんな感じではないかと思うほどです。

お散歩中にそんな感じになってしまうのは危ないので、
空からの気を頭頂に感じ、大地の気を足の裏に感じる程度にとどめて置きませう。
05/10/2009    産土神社
突然思い立ったわけではないけれど、やっとやっと産土(うぶすな)神社に行って来れました。

何年も前から行こう行こうと思っていたのが、今頃になってやっと(^_^;)

生まれ育った場所とかもついでに見たいと思っていたから、
結局、道案内を兼ねた母親同行で、おまけに母の日近くで・・・これって・・・

幼稚園児の頃まで居て、引越してしまったせいもあるかもしれないけれど、
区画整理をされた地域だということも手伝って、見事に何にも覚えておらず・・・
母親ともどもプチ迷子になる始末(>_<)
行く前に実家に寄って小さいころのアルバムを見ておけばよかったと、
いまのいま、気づいたりしてるのでした。


私の産土神社、意外に立派でびっくりでした。
「今頃になってしまってごめんなさい」が第一声で、
「やっと来れました、ありがとうございます」を付け加え。
凛としたたたずまいに、木々のそよぎ、無駄なものが一切ない静寂な空間。

ほんとうは、大きな神社に初詣に行く前に、
生まれ育った地域にある産土神社に行くのがいいのですよね。

はい、来年から、そうします!
(ちょっと交通が不便なのがな~、罰あたり?)

実はとっても大切な産土神社。
産土神さまとは、土地およびその土地に住む人々の守護神。
どこへ引っ越そうとも、はじめ(産)の地の産土神さまは一生変わらないのです。
本人に忘れられても、一生守ってくださるのです(が、忘れられてると効果弱しです)。
一之宮や大社、神宮にお願い事をしてもいまひとつな方は、是非足を運んでみることをお勧めします。
まず、一番身近な神さまにお願い事を聞き届けてもらうのが順番ってものです。
(と今頃行ってるから、偉そうには言えないのですが・・・)
またひとつ、根っこを確認する感じがすることでしょう。

そう言えば、日本では出生届を出すと同時(それより前かも?)に、
その地域の神社に氏子として登録?されるそうです。自動的に。(否応がなしにとも言う?)

20090510234318


02/14/2009    やさし~い一日
友だちに誘われ、久々にクラッシックコンサートに行ってきました。
ある会社主催のご招待なので無料♪
日中はその会社の社員とはいえ、腕前はどこどこの交響楽団に引けを取らず、素敵なものでした。

途中、なんだか気になることを感じてきました。
なんとな~く、トライアングルに繋がる人たちがいるのです。
みなデザインはいろいろだけれど黒い衣装を着ているし、
そんなに顔がはっきり分かるホジションに座っていたわけではないのですが、
閉じていた眼をふっと開けると、その3人が大きく見える(確かに大柄だったけど)気がするのです。
ヴァイオリン、ビオラ、チェロの3人。
音楽に詳しいわけではないのでよくわかりませんが、
曲の構成上、この3人が組んでパートを奏でるようになっているのかもしれません。

後々パンプレットをよく見てみると、なんとこの3人は親子(両親と子)の関係でした。
へぇ~、へぇ~、へぇ~、でした。
そして、指揮者との信頼関係も、密なものらしいのです。

きっと3人でよく練習していたのでしょう。
目配せや間合い、微妙な感覚を醸しだしていたのでしょう。
遠めだったけれど、なんとな~くそのいい雰囲気を感じ取れたのかもしれません。

貴重な、やさし~い一日。ありがとうです。

そう言えばここのところ、自分に優しい気持ちを(時間)をあげていなかったかもしれません。
マイナスにならないようと、踏ん張っていたかもしれません。
無駄な努力です・・・(・・;)

人生に無駄に見えるかもしれない時間は必要だけど、
無駄な努力は不必要ですね~。
誰のために生きてるのでしょ(笑)

自分が喜ぶことをたまにはちゃんとしましょ。

09/21/2008    波動を上げる
敏感なんだか何なんだか、その土地や人や何かの波動を避けきれず受けてしまうらしく、
自分の波動が下がってしまうことが時々あります。
そうなるとネガティブの波がやってくるように、意地悪をされたり、上手くいかないことが起こったり、
体調が悪くなったり、怠惰になったり、悲しくなったり・・・
遠くから飛んでくるマイナスの想念の影響も跳ね返せなかったりします。

ちょうど7,8月はそんな時期で、波動の変動が大きく、自分で調整できにくい時が多い感じでした。
これは、いつもの怠惰じゃないかも・・・と、
ズールースピリットヒーリングサロンのハレミさんのヒーリングとアドバイスを受け、
やっと元の位置に波動が安定してきた感じです。
低級霊がたくさんいるところへ出入りしてたことも原因だったようで・・・
(分かってはいたのですが、自分とは波動が違うから大丈夫だとタカをくくっていました(^_^;)
瞑想も家でやってはいけないとのことで、これまたびっくり。
しばらくは、ある場所へ瞑想に通うことにしました(近々ご報告?)。

でも・・・ってことは、自分では瞑想というか瞑想もどきだと思っていたのだけれど、
一応ちゃんと瞑想できてるってことなので、うれしかったりして(^^;;)
不幸中の幸いというかなんというか。


人や動物、植物、その他の物にも必ず波動があって、好き嫌いなどもそれが影響しています。
波動の世界では、低い波動は低い波動に共鳴し、高い波動は高い波動に共鳴し、
お互いに引き付け合うそうです。
私たちは自分自身の波動を上げることも、下げることもできる能力を誰でもが持ち、
普段は無意識でやっています。

直観医療者・クリステル・ナニによると、
例えば、波動を上げる思考や感情は、
「最高の結果を期待する」「人を愛する」「笑う」「恨みを抱かない」「寛大な気持ちを持つ」
「人々をあるがままに受け入れる」「親切にする」・・・などなど。
波動を上げる身体的な方法としては、
「楽しいセックスをする」「好きなスポーツをする」「充分な睡眠をとる」「ダンスをする」
「健康的でおいしい食べ物を食べる」「ペットと遊ぶ」・・・などなど。

波動を下げる思考や感情は、
「冷笑的」「誰かを恨む」「不平をもらす」「かっかする」「自分のことしか考えない」
「狭量で偏見に満ちている」「傲慢」・・・などなど。
自分自身についての否定的な感情は波動を下げるだけでなく、病とも共鳴させます。
波動を下げる身体的方法は、
「愛を交わす代わりにTVを見る」「外出しない」「もっぱらファースト・フードを食べる」
「できるだけ睡眠時間を減らす」「純粋に楽しむために身体を動かさない」
「深酒をするか、1日少なくとも半箱のタバコを吸う」・・・などなど。

どんな時に波動が上がり、どんな時に下がるか・・・納得ですね。
波動を上げる方法を増やすと、自己ヒーリングにもなります。
「物を作ったり」、「料理をしたり」、「園芸をしたり」するもの波動が上がると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。